オーガニックコットンの魅力

さて前回のこのコラムは食べ物のオーガニックでしたが、今回は着る・使うで大活躍のオーガニックコットンについてご紹介します。

タオルやTシャツ、肌着など肌に直接触れるアイテムが主流ですが、最近ではオシャレなワンピースや子供向けの衣服などもよく見かけるようになりました。アウトドアブランドで有名なpatagoniaや、生活雑貨の無印良品なども積極的にオーガニックコットン商品を扱っているようです。
肌触りがやわらかく、優しい風合いのオーガニックコットン。いったいどんなものなのでしょう。

オーガニック・コットン(有機栽培綿)とは、3年間農薬や化学肥料を使用していない農地で生産されたコットン・ 綿花のこと。もちろん栽培中も原則として農薬・化学肥料は排除。また紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造全工程においてもできるだけ化学薬品による処理をせずに、環境負荷も最小限に減らして製造されます。

実はコットンを育てるには、膨大な量の農薬が使われていて、害虫を防ぐのはもちろん除草剤、収穫時に使用する枯葉剤など、生産者の健康被害やその土地・自然環境に与える影響は多大なのです。

また、ある生産地域では児童が労働を強いられたり、フェアな貿易がなされていなかったりと悲しい現状があります。

コットンという私たちが身に付けるたった1つのアイテムを生産するために、その土地の自然環境、そこに住む動植物、綿花を育てる人々などさまざまな立場の人、モノが犠牲になっていることが多いという現実をしっかりうけとめ、少しでも改善していこうとスタートしたのがオーガニックコットン栽培。

こんな取り組みに賛成する心持でオーガニックコットン商品を選べば使い心地がいいだけでなく、なんだか気持ちよく愛着を持って身につけられる気がしますよね。

そんなオーガニックコットン、やわらかい肌触りと、独特の生地のなめらかさで、一度身につけたら手放せないものなのですが、着心地は良くても外出着には地味過ぎたり、主役の服の内側に着るインナーとしてしか活用できなかったりするものが多い・・・
そんななか美しさと可愛さ、華奢で繊細なデザインが特徴の「nanadecor」の商品が私のお気に入り。

どのアイテムも毎日の生活にときめきを与えてくれるような、そんな存在です。

上品なフリルのついたネグリジェは、小さいころ絵本で見たようなロマンチックなナイトウエア。パジャマやスウェットになりがちな夜の服も、こんなにエレガントでしかも着心地抜群のオーガニックコットンでできた服であれば、いい夢が見られそうです。

自分のためのご褒美としても、大切な人へのプレゼントとしても最適のオーガニックコットン商品。
一度、身に着けてみませんか?
きっとその使い心地と可愛らしさに夢中になりますよ。

オーガニックコンシェルジュ 岡村貴子先生 プロフィール

日本第1号のオーガニックコンシェルジュとして国内外の幅広い情報を発信、オーガニックやエコを通じて新しい価値を暮らしやビジネスに導く{案内人}として執筆、講演、商品開発などに携わる傍ら、 ソニーミュージックアーティスツに所属しラジオや雑誌などメディアを通じてオーガニックを拡げている。 著書「オーガニック入門」