暮らしの中のオーガニックアイテム「洗剤」

私は普段から掃除をマメにする方ですが、この夏は雨降りで部屋に閉じこもる時間が長かったため、より念入りに様々なアイテムを使ってあちこちに磨きをかけていました。

今回はそんなお掃除にちなんだ暮らしの中のオーガニック・アイテム「洗剤」についてご紹介したいと思います。

我が家にはかわいい猫ちゃんがいるので(ワンちゃんのサイトなのにすみません・・・)掃除は「綺麗にする」という目的以外に、「安全に配慮する」という大切なコンセプトがあります。

まず、床掃除。猫毛がフワフワあちこちに散らかっているので掃除機からスタート。

サイクロン式の掃除機はごみが溜まると簡単に取り出せて洗えることから、ノミやダニを掃除機内に留まらせることなくいつも清潔に保てるので重宝しています。

ポイントはそのあとの拭き掃除。
きっと皆さんは市販で売っている塩素系洗剤や合成界面活性剤など汚れを落とす強い成分が入っているものをお使いの方も多いと思います。

私はそれらの清掃としての効果は十分に評価しているのですが、使用時の臭いの不快さや皮膚に直接ついたときの痛みやかゆみなどが苦手で、どうしても手に取ることができずにいます。
また「目に入ったら医者へ!○○と混ぜるな!××すると危険!」など注意事項が多すぎて、気軽に使いこなせません。

なにより気になるのが床に一番近い位置で呼吸し、寝っ転がって暮らしている猫ちゃんへの影響。

機密性の高い部屋で使用し、空気循環のない密閉した状態にいると、人間の私たちでさえ体調不良を起こしてしまいそうなのに・・・。

そこで我が家が使用しているのは、植物原料でできているHome care洗剤。

シャボン草やアロエ、ユーカリなどが原材料として明記してあり、成分としても天然由来で知っている名前が多いので納得して使えています。

希釈して床掃除に使うと、拭いたあとにミントなどの心地よいハーブの香りが残りとても気持ちがいいものです。

我が家の猫ちゃんは洗面台や浴槽の水が大好きなので、気がつくとそこに溜まっている残り水を舐めていることもしばしば。
そんな時も慌てなくていいんです。

たとえば食器を洗うものも、浴室で使うシャンプーや石鹸も、同じコンセプト「安全に配慮」した植物性で原材料がオーガニックや由来のはっきりしたものを選んでいるので、あちこちで水を飲んでもある程度安心して見ていられます。

このように原材料へのこだわりを持っている商品にはさまざまなマークが表示されています。

100%自然原料であることや、主原料にオーガニック認証を受けたものを使用しているなど、選ぶ基準となる大切な情報なので、商品名だけでなくこれらのマークを参考にして購入するのもいいかもしれませんね。

ワンちゃん、猫ちゃんに優しいお掃除、さっそく始めてみませんか?

オーガニックコンシェルジュ 岡村貴子先生 プロフィール

日本第1号のオーガニックコンシェルジュとして国内外の幅広い情報を発信、オーガニックやエコを通じて新しい価値を暮らしやビジネスに導く{案内人}として執筆、講演、商品開発などに携わる傍ら、 ソニーミュージックアーティスツに所属しラジオや雑誌などメディアを通じてオーガニックを拡げている。 著書「オーガニック入門」