Q&A

商品について

  • フードの種類は一種類ですか?
    5種類です。
    成犬用の小粒(室内飼育成犬用)、子犬用、室内飼育7歳以上用、室内飼育体重管理用、ターキーの5種類です。
  • 容量(サイズ)は何種類ありますか?
    900g、1.8kg、3.6kg、5.8kgの4種類です。(室内飼育子犬用のみ3.6kgなし)
  • フードが犬種別、年齢別に分かれていないのはなぜですか?
    ソルビダには犬種別フードはなく全犬種向けです。
    メーカー毎にいろいろな考え方がありますので、犬種別に分けられているところもありますが、ソルビダは犬種別ではなく、全犬種向けです。年齢別には、子犬、成犬、7歳以上に分けられています。体重に応じて与える量を調節してください。また、ターキーは全年齢に対応しています。
  • ダイエット用フードはありますか?
    ございます。室内飼育体重管理用です。
  • シニア犬(高齢犬)用フードはありますか?
    ございます。室内飼育7歳以上用です。
  • カロリーはどの位ですか?
    成犬用 350kcal/100g
    子犬用 365kcal/100g
    室内飼育7歳以上用(シニア)330kcal/100g
    室内飼育体重管理用(ライト)310kcal/100g
    ターキー 350kcal/100g
  • 賞味期限はどの位ですか?
    賞味期限は製造後から18ヶ月ですが、日本に到着後、製品の安全性を確かにするために全粒を検品しています。そのため、再包装後の賞味期限を12ヶ月と短めに設定しています。
  • 粒の大きさを教えてください。
    室内飼育成犬用:約8mm
    室内飼育子犬用:約7.5mm
    室内飼育7歳以上用:約8mm
    室内飼育肥満犬用:約8mm
    ターキ:約8mm
  • 国産ですか?製造国はどこですか?
    ライトハウスでオリジナルレシピを開発し、アメリカで製造しています
  • 原材料はどの国のものを使用されていますか?中国産ではないですか?
    基本的にはアメリカ産です。原材料には限りがありますので、もし手に入らない場合はカナダ等の近隣諸国のものを使用しております。また、定期的に残留農薬や残留抗生物質の検査も行っておりますので、ご安心ください。
  • どのように保管すればよいですか?
    冷暗所で保管。開封後はお早めに消費ください。
  • 冷蔵庫で保管をした方がいい?
    やはり、夏場は保管場所がかなり暑くなることも考えられますので、状況に応じて、冷蔵庫にて保管下さい。
    その際は、出し入れによってパッケージ内に結露が起こり、フードにカビが生えてしまう事がありますので、お気をつけ下さい。出来れば小分けにして頂くのがおすすめです。
  • 開封後はどれくらいで食べきったほうがいいですか?
    開封後はなるべく早めに、1ヶ月を目安に食べきって頂くことをおすすめしています。
  • どんな味ですか?
    ワンちゃんが大好きなお肉が主原料なので嗜好性は抜群です。
  • どんな香りですか?
    香りは多彩な原料を使用しています。肉を主原料としていますのでワンちゃんが好むおいしい匂いです。
  • どんな形ですか?
    小型犬に安心して与えていただける小さい粒です。
  • 硬さはどの位ですか?
    さくっとした歯ごたえで食べやすい硬さです。
  • 人間が食べても大丈夫ですか?
    支障はありませんが人間が好む味には仕上げていません。

与え方について

  • 子犬用から成犬用への切り替えの時期はいつですか?
    12ヶ月を目安に切り替えてください。犬種により個体差がありますので、だいたい9ヶ月以降で、これ以上成長がないとみなされる場合は、12ヶ月を待たずに成犬用に切り替えても問題ありません。
  • おやつを与えても、主食は通常どおりあたえて大丈夫ですか?
    カロリー過多に気をつけてください。おやつなどをあげた場合は、肥満につながりますので、その分ソルビダを減らしてください。
  • このフードだけ食べさせていれば大丈夫なんですか?
    栄養に偏りがでませんか?
    ソルビダは総合栄養食ですので、ソルビダと水があれば、必要な栄養が満たされるように作られています。
  • 固いので水でやわらかくしてから与えてもいいのですか?
    問題ありません。ですが、できるだけ歯周病の元となる歯垢を防ぐためにもそのままで与えてください。子犬には水またはぬるま湯にひたして与えてください。
  • 子犬にはいつからドライのまま与えてもいいですか?
    歯が生え揃うまでは、ふやかしてから与えてください。
  • すりつぶして与えてもいいのですか?
    問題ありません。ですが、できるだけ歯周病の元となる歯垢を防ぐためにもそのままで与えてください。子犬には水またはぬるま湯にひたして与えてください。
  • フードの食いつきがよくありません。どうしたら良く食べてくれるでしょうか?
    ぬるま湯でふやかして与えて下さい。素材の香りが引き立ち食欲が増進します。
  • 何かをトッピングしてフードを与えても良いですか?
    トッピングした場合、フードを与える量は変えたほうが良いですか?
    与える場合は、トッピングなどのカロリーを引いた分量のソルビダを与えてださい。
  • 室内飼育と書かれていますが、室内飼育の犬だけににしか与えてはいけないのですか?
    室内飼育されている多くの小型種のワンちゃんのために、粒を小さく食べやすいサイズにし、運動不足のワンちゃんのためにカロリーを低めに抑えたり、便臭軽減作用のあるハーブなどを使用しています。これらの効果はもちろん、室内で飼育されていないワンちゃんにもぴったりですので、問題なくお使いいただけます。
  • ウェットフードとドライフードの違いは何ですか?
    一般的にドライフードよりウェットの方が嗜好性が高いと言われますが、ソルビダはドライフードのみです。
  • ウェットフードとドライフードは混ぜてもいいのでしょうか。
    ソルビダのみで十分だと考えておりますが、ウェットフードと混ぜる際は、カロリー過多にならないように、与える量に気をつけてください。
  • 違うブランドのフードに切り替える場合の注意点はありますか?
    やむをえず切り替える場合は切り替えるフードを少しづつ混ぜていただき徐々にきりかえてください。1週間くらいを目安に切り替えてください。
  • ソルビダに切り替えたいのですが、気を付けることはありますか?
    急にフードを切り替えると、ワンちゃんのおなかがびっくりして、便がゆるくなってしまいますので、はじめは現在与えて頂いているフードに3割くらい混ぜて、1週間くらいかけて切り替えていって下さい。
    もし、便がゆるくなってしまった場合は、10日~2週間くらいで安定してくると思います。
    (フード以外の原因の可能性もある為、元気がない等はないかを確認すること)
  • グレインフリーフードに切り替える時に、気を付けることはありますか?
    通常のフードからグレインフリーフードへ切り替える場合、腸内の消化酵素の準備が整うまで、便がゆるくなる場合がございます。ワンちゃんの胃腸に負担がかからないよう、少量を従来のフードに混ぜて1週間~10日ほどかけて、切り替えるようにしてください。
  • このフードを与えることをすすめられない状態というのは、ありますか?
    例)ワンちゃんに○○アレルギーがある場合・・・
    ソルビダに使用されている原材料、例えば、チキンにアレルギーがあると明らかに分かっている場合は、ご使用をお控えください。また、アレルギーがあるかどうかはっきりわからない場合は、サンプルなどで少量お試しいただき、様子を見てください。通常アレルギーは、比較的短い時間であらわれると言われています。
  • 犬が肥満気味なのですが、与えても良いでしょうか?
    体重管理用をおすすめします。与えすぎや適度な運動に気をつけていただければ、ダイエットにもお役に立つと思います。
  • 去勢/避妊手術を受けましたが、体重管理用に変えた方がいいですか?
    一般的に、去勢/避妊手術を受けたら、体重が増えるワンちゃんが多いので、体重管理用を与える方もいらっしゃいますが、ソルビダ 成犬用はもともとカロリーが低いので、成犬用を与えていらっしゃる方もいらっしゃいます。
    体重が少し気になるというくらいでしたら、そのまま成犬用を与えて頂いて、体重が気になって、体重を減らしたいということでしたら、体重管理用に切り替えられてみてはいかがでしょうか?
  • 病気を抱えている犬に、与えてもいいですか?
    ソルビダは療養食ではございませんので、病気の治療のための配合はされておりません。こちらでは、ソルビダを与えても大丈夫かの判断は出来かねますが、気を付けていらっしゃる成分はお伝えできますので、飼い主様でご判断いただくか、ワンちゃんのことを一番わかっておられるかかりつけの獣医さんにご相談ください。
  • 結石の犬に与えても大丈夫ですか?
    ソルビダはAAFCO(米国飼料検査官協会)に定められた栄養基準に沿って作られておりますので、ソルビダが結石の直接原因になることはありません。結石のあるワンちゃんに与える場合は、かかりつけの獣医さんにご相談ください。
  • 食べ残した分を与えても大丈夫ですか?
    長時間、放置したフードは鮮度も落ちてしまいますので、あまりおすすめしませんが、もし与える場合は、飼い主様で匂いや色などをご確認頂き、ご判断ください。

商品の違いについて

  • 商品の特徴を教えてください。他の商品とどこが違うのですか?おすすめの点を教えてください。
    原材料の約70%以上に厳選されたオーガニック原材料を使用しています。例えば主原料のチキン、ターキーはオーガニックの餌のみでのびのびと屋外で育てられています。抗生物質やホルモン剤の投与ももちろんありません。お野菜やフルーツはもちろん無農薬。合成酸化防止剤を一切使用することなく天然の保存料を使用していますので、安心して与えていただけます。さらにグレインフリーですので穀物アレルギ―が気になるワンちゃんにも安心して与えていただけます。
  • 子犬用と成犬用の違いを教えてください。
    子犬には吸収がよく、栄養価の高いオーガニック大豆粉が入っています。それ以外の原材料は、配合は違いますが、同じ原材料を使用していますので、子犬用から成犬用に移行する際に、スムーズに移行できるように作られております。子犬用は、成長に必要なエネルギーが必要となりますので、カロリーが高くなっています。
  • 成犬用と室内飼育7歳以上用の違いを教えてください。
    ソルビダ成犬用は、シニアのワンちゃんにも十分お使いいただけますが、シニアのワンちゃんにはより年齢に合ったものを食べてもらいたい、ずっと健康でいてほしい!というコンセプトで作られたのが、室内飼育7歳以上用です。シニア用には成犬用には含まれていない、抗酸化作用のあるリンゴや目に良いブルーベリー、老化防止効果のあるサーモンやシニアにぴったりの栄養が詰まった海藻(ケルプ)が入っています。
    また、代謝の落ちるシニアのワンちゃんのために、カロリーや脂質は成犬用よりも低く作られています。
  • 成犬用と体重管理用の違いを教えてください。
    体重管理用は成犬用よりもカロリー、脂質が低く作られており、また、ソルビダシリーズの中で唯一、L-カルニチンという脂肪燃焼効果が期待できる成分も入っています。おなかの持ちをよくするために繊維質が少し多いのも特徴です。もし、「ちょっと太っているかな?」というくらいなら成犬用を、「体重を減らしたい!」という感じなら体重管理用をおすすめします。
  • 7歳以上用と体重管理用の違いを教えてください。
    ソルビダ成犬用は、シニアのワンちゃんにも十分お使いいただけますが、シニアのワンちゃんにはより良いものを食べてもらいたい、ずっと健康でいてほしい!というコンセプトで作られたのが、室内飼育7歳以上用です。室内飼育7歳以上用には成犬用には含まれていない、抗酸化作用のあるリンゴや目にいいブルーベリー、老化防止効果のあるサーモンやシニアにぴったりの栄養が詰まった海藻(ケルプ)が入っています。
    体重管理用は、おいしくダイエットしてもらえるように、室内飼育7歳以上用の材料を使っています。またソルビダシリーズの中で唯一、L-カルニチンという脂肪燃焼効果が期待できる成分も入っています。

品質について

  • アメリカから届いたフードを日本でリパックする際に、酸化する恐れはないのですか。オーガニックと謳っているので、衛生管理はなされていると思いますが、それが日本でリパックされる段階で品質が低下したり異物が混入したりすることはありませんか?
    衛生管理の行き届いた施設で、開封後すみやかにリパックされるので問題ありません。
    定期的に酸価値を測定するなど、品質管理を行っています。
  • 船で引いてくる際、保存状態はどうなっているのですか?コンテナ輸送ですか?真空パックにしていますか?その間に酸化する恐れはありませんか?
    3層構造のバルクバックでコンテナ単位で輸入されます。赤道を通るルートではないので、ご安心下さい。
    夏場などは、到着してから酸価値を測定するなど、日本到着後の品質検査も行っておりますので、ご安心ください。
  • オーガニック認定をアメリカで受けているというのは、パンフレット等どこかに記載されていますか?
    はい。パンフレットに記載しております。認定を受けたオーガニック原材料を、認定を受けたオーガニックフード製造工場でソルビダは製造されています。認定期間は、「オレゴンティルス」という団体で、米国農務省(USDA)からオーガニック検査機関として認定されている機関です。
  • オーガニック70%以上の認定は、どこの機関が認定していますか?
    QAI、OCIAなどがありますが、ソルビダは、認定基準の一番厳しいオレゴンティルスの認定を受けています。

原材料について

  • オーガニックフードを与えるメリットを教えてください。
    原材料の安全性
    オーガニック原材料には、人工添加物、農薬が一切使用されていません
    通常販売されている食品、ドッグフードには何かしら人工添加物や農薬が使用されています。
    その使用量、方法などは人間を基準に規定されており、人間でも最近はその添加物や農薬が原因と考えられる病気などが発生している中で、生まれたての赤ちゃん程、または小さな子供程の体重しかない愛犬が、毎日毎食その人間基準の人工添加物や農薬などを摂取することに不安を感じると思います。

    素材本来の味、特性を生かすオーガニック(有機)農法は、人工の除草剤や殺虫剤に頼らず、予防的な用途で家畜などに一切薬物は使用しません。
    食物、またはその動物が本来持っている強さで育てられますので、素材本来の強さ、味をより感じることができます。

    オーガニックの信頼性
    オーガニック原材料を使用するということは、それぞれの原材料がオーガニックの認定機関の厳しいテストをクリアしなければ認定は受けられません。
    ソルビダで使用されているオーガニック原材料は、アメリカ農務省(USDA)が認定しているオーガニック認定機関「オレゴンティルス」によりUSDAの定めたオーガニック基準をクリアしたものです。
  • 第2原料である乾燥チキン、乾燥ターキーがオーガニックではありませんが、ソルビダはオーガニックフードと謳えますか。オーガニックフードの定義を教えてください。
    アメリカの規定では、オーガニックフードの定義として全体の原材料の70%以上と95%以上の2つにランクが分かれています。ソルビダは70%以上がオーガニック原材料を使用していますので、オーガニックフードと謳えます。
  • オーガニックが70%として、残りの30%は農薬などを使っているのか?その安全性はどうなのか?
    オーガニックではない原材料の安全性を確認するため、定期的に残留農薬や残留抗生物質の検査を行っております。
  • グレインフリーの特徴は?
    原材料に小麦やとうもろこしなどの穀物類を一切使用していないことを「グレインフリー(穀物不使用)」といいます。腸の健康を第一に考え、従来の穀物の代わりに栄養価が高く、消化に優れた豆類を使用しています。
  • グレインフリーは体にいいのですか?
    ワンちゃんが消化吸収を苦手とする穀物類を一切使用せず、良質な生肉を使用しているため、腸に負担なく消化ができるだけでなく、効率的に栄養を摂取することができます。
  • なぜグレインフリーにしたのですか?
    アレルゲンになりやすいとされる穀物を使用しないことにより、穀物アレルギーのワンちゃんにも安心して召し上がってもらえるためにグレインフリーにリニューアルしました。
  • チキンアレルギーの犬にターキーを与えても問題ありませんか?
    チキンとターキーはアレルギーを誘発する抗原が異なるため、チキン アレルギーのワンちゃんにも安心して与えることができます。
  • 酸化防止剤は使用していますか?
    ビタミンC、ミックストコフェロール(別名:ビタミンE)など天然由来の酸化防止剤のみを使用しています。
  • 合成調味料、着色料、着香料、防カビ剤などの合成添加物が含まれていますか?
    一切使用していません。
  • 防腐剤は入っていますか?
    防腐剤は使用していませんが、天然の酸化防止剤のみ使用しています。
  • 添加物は入っていますか?
    防腐剤は使用していませんが、天然の酸化防止剤のみ使用しています。
  • なぜ添加物(酸化防止剤)が入っているのですか?
    酸化防止剤は、品質を維持する大切な役目があります。ソルビダは化学的につくられた人工添加物ではなく、天然(既存)添加物のみを使用しています。
  • 添加物が入っているものを食べ続けて大丈夫ですか?
    天然由来ですので安心です。
  • 砂糖や合成甘味料は入っていますか?
    一切使用していません。
  • 塩化ナトリウム(食塩)は入っていますか?
    ワンちゃんに必要なナトリウム分を補う分量の塩は使用しております。
  • 天然フレーバーとは何ですか?
    企業秘密の部分になりますので、何かというのはお答え出来かねる部分なのですが、化学的なものではなく、天然の素材を使用しておりますので、ご安心ください。
  • 脂質は、動物性油脂ですか?植物性油脂ですか?
    必須脂肪酸を多く含む鶏脂肪やオーガニックひまわり油を使用しています。※鶏脂肪は体重管理用には入っていません。
  • 製造国はアメリカですが、原材料もアメリカですか?
    基本的にアメリカのオーガニック認定機関が認定できる場所の原材料です。
    そのため、ほとんどがアメリカの原材料です。ただオーガニック原料には限りがあるので、その都度原料を調達するため、原料の原産地は変わる可能性があります。ただしアメリカのオーガニック認定機関(オレゴンティルス)で認定されていることは確かです。
  • 原材料に含まれる乾燥チキン、乾燥ターキーはオーガニックですか
    オーガニックではありません。鶏、ターキーの生肉部分を乾燥し、粉状にしたものです。
  • なぜ、乾燥チキン、乾燥ターキーはオーガニックではないのですか?
    この部分は我々も葛藤しているところです。乾燥チキン・乾燥ターキーもオーガニックにしますと、今の価格よりも非常に高くなってしまい、皆様にお買い求め頂きにくい価格になってしまいます。弊社としても苦渋の選択でオーガニックでない乾燥チキン・乾燥ターキーを使用しています。
  • 副産物は含まれていますか?
    くちばし、羽や、とさか、内臓などといった副産物は、ソルビダには使われていません。
    人間が食べられる部分を使用しています。
  • ケルプとはなんですか?
    ケルプという海藻です。
  • 最近ではグレインフリーではタピオカを省く傾向だがなぜいれているのか?効果は?
    穀物由来の炭水化物(エネルギー源)を使用していませんので、エネルギー源としてタピオカを使用しています。タピオカは穀物アレルギーを引き起こすとされるグルテンを含まないこと、なにより消化が良いのが特徴です。
  • プロテイネイテッドミネラルについて、アミノ酸過多になり、尿酸の数値が上がり、尿路結石になる恐れはないですか?
    尿路結石症は、遺伝的の場合と生活習慣病により発症することが多いといわれています。
    ミネラルは、ワンちゃんの体内の構築、エネルギー代謝をスムーズにさせるためにミネラルが密接にかかわっているので、ミネラルが不足することによって、ワンちゃんの体内で問題を起こすことがあると思われます。
    ソルビダは、吸収しにくいミネラルを吸収しやすいプロテイネイテッドミネラルにすることによって、ワンちゃんの体内で栄養素の代謝をスムーズにさせています。
  • ニンジンやブロッコリーを配合している目的は?
    ニンジンやブロッコリーには、様々な栄養が豊富にふくまれているためです。下記が配合されている主な栄養です。
    ・βカロチン(活性酸素の作用を抑制し、免疫力を高める)
    ・食物繊維(プレバイオティクス)
    ・ミネラル類(カリウム、鉄、カルシウム)
    ・ビタミン類(ビタミンA、B、C)
  • ユッカフォーム抽出物はどういった作用で便臭を軽減するのか?
    ユッカシジゲラ(ハーブ)に含まれるサポニンという物質に消臭を軽減する効果があります。お茶などにも含まれる成分で、抹茶などのように消臭効果、抗酸化作用などが期待されています。
  • 牛由来の原材料が入っていますか?
    一切、入っていません。
  • 乳酸菌は牛由来ですか?
    牛由来ではありません。牛由来のものは一切入っていません。

その他のQ&A

  • AAFCOの認定は受けていないのですか?
    AAFCOは認定機関ではなく、栄養基準を設定する機関ですので、AAFCOが認定することはありません。
  • フードの影響で、病気になる可能性はありますか?
    給与量、給与回数を適切にお守り頂ければ、ソルビダが原因で病気になることは考えにくいです。
  • 下痢をしてしまったのですが大丈夫ですか?
    症状があまりひどくない場合は、様子をみていただき症状が治まらない場合は、病院に連れて行ってください。
    症状がひどい場合、長く続いている場合は、一旦ソルビダを止めていただき、かかりつけの獣医に相談してください。
  • うんちの量が多いように思えるのですが・・・?
    食欲などに変化はありませんか?ソルビダを与えている量はあっていますか?
    特に問題がないようであれば、健康にも問題ないと思うので、様子を見てください。
  • グレインフリーになってから、うんちが柔らかくなった気がするのですが?
    通常のフードからグレインフリーフードへ切り替える場合、腸内の消化酵素の準備が整うまで、便がゆるくなる場合がございます。ワンちゃんの胃腸に負担がかからないよう、少量を従来のフードに混ぜて1週間~10日ほどかけて切り替えるようにしてください。
  • 酵母が便から出てきたのですが、ソルビダに含まれる酵母は関係ありますか?
    通常、健康なワンちゃんの腸内には酵母はあり、生きています。製品には腸内の健康維持を助ける為に入っていますが、その酵母は生きていませんので、便から出た酵母と製品に含まれる酵母は異なります。
  • イースト菌は犬に良くないと聞いたが?
    かなり稀に、他の原材料と同じようにイースト菌に支障のあるワンちゃんがいるようですが、ほとんどのワンちゃんの場合はイースト菌は乳酸菌等と同じように腸内に健康な菌を保つ手助けをして消化管の健康を促す効果が期待出来ます。
    今のところ、イースト菌が原因でアレルギーが出たという事は聞いた事がありません。
    今までにイースト菌が入っているフードを与えた事があり、問題がなければ大丈夫と思われますが、もし、与えたことがなければ、少しずつフードをお試しされる事をおすすめします。

ソルビダ ラインアップ

家族の一員であるワンちゃんに、いつまでも元気でいてほしいから。人間だけじゃない、ワンちゃんの食事にもこだわりたい。
食にこだわるオーナー様におすすめしたい、オーガニック食材から作られるグレインフリー(穀物不使用)のプレミアムドッグフード。

なるほど!ソルビダ

ソルビダのことや、オーガニック、グレインフリーの話、ワンちゃんの健康にまつわる話など、ソルビダをご愛用いただいているワンちゃんとそのオーナー様に役立つコラムをお届けします。